FC2ブログ
全記事表示リンク
検索フォーム
フリーエリア
最新コメント
プロフィール

hokubuy

Author:hokubuy
 こんにちは、体調不良で57歳に早期退職し、その後家計の心配をしながら現在62歳で一部の年金とパートの収入で生活しています。

 このブログは、早期退職から年金生活に至る間の節約生活で、どんなものが必要だったかをまとめているブログです。

 参考になることがありましたら幸いです。

  今日は4月1日で新年度入り。昨年度は2月に鼠蹊部ヘルニア、8月にクモ膜下出血となり、両方とも手術、更に入院となり大変な年度でした。

 幸いにも致命的な、また日常生活に支障が出るような後遺障害はなさそうなので良かったなと思っていますが、ちょっとしたはずみで、自分が意図していない体の不調が起きる年齢になったんだなと確信するようになりました。

 そんな中、一昨年あたりから少しずつ株式投資活動を再開。入院費用までは取り返せませんが、わずかですがプラスになっているので、最近は少し欲が出て、投資情報の調査にも熱が入っています。

 というわけでちょうど3月から4月への年度の移り変わりだったので、株主優待について調べようと思い、株主優待ハンドブックなるものを購入しました。

 出版元は日経会社情報で、優待を行っている会社1300社の情報が掲載されています。と言っても実物を見て買ったわけではなく、アマゾンのレビュー評価を見て購入。

 数日後に送られてきた本を見て最初の印象は、想像よりも小さい。大判の雑誌のような本だと思っていました。次に失敗したなと思ったのは、出版日が昨年の6月だったこと。つまりあと二か月ほど待てば新しい版が出版される可能性がありそうです。

 中を見てみると、会社ごとの優待内容が月別に掲載されていますので、これは便利。つまり資金が潤沢にあれば、1年中毎月何らかの優待を受けることができます。

 最近の単位株は10万ぐらいで買う事が出来るものも多いので、これでクオカード等をもらうことができれば、ほとんど利息がつかない10万円の貯金よりはいいのではという気もします。ただし株ですから、当然下落リスクもあります。

 いずれにしても、暇のある時このハンドブックをぱらぱらとめくって、この株を買ってこの優待をもらって、なんてことを考えるのは、ささやかな夢になるような気がします。



関連記事
2017/04/01 11:15 資産運用 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR