FC2ブログ
全記事表示リンク
検索フォーム
フリーエリア
最新コメント
プロフィール

hokubuy

Author:hokubuy
 こんにちは、体調不良で57歳に早期退職し、その後家計の心配をしながら現在62歳で一部の年金とパートの収入で生活しています。

 このブログは、早期退職から年金生活に至る間の節約生活で、どんなものが必要だったかをまとめているブログです。

 参考になることがありましたら幸いです。

 入院生活で夜の時間が余るので、毎晩新聞をよく読むようにしています。そんな中、新聞の下部に掲載されている広告をみて、プレジデントという雑誌に気が付きました。

 見出しで目についたのは「上流」老後「下流」老後という文字で、まあうまい題名をつけるもんだと思いました。早速病院の売店に行き、発売されたばかりの雑誌をてにとってパラパラと立ち読み

 目次を見ると上記の目だつ見出し以外に「人生後半に破裂する「超」巨大爆弾&防御法」とか、「死ぬ間際によくある後悔トップ30」といった、面白そうな文字が並んでいます。

 プレジデントという雑誌は、時折こういった下流老人系の特集をすることがあり、いずれも面白い記事になっています。買ってすぐに役立つというより「なるほど確かにそうだな」と頷ける記事が多いなと思っています。

 というわけで、暇な時間があるので無事750円で購入。早速部屋に持ち帰って読んでみましたが、これがなかなか面白い。自分の普段の生活を思い浮かべながら読んでいると、いろいろとヒントになります。

 ただ最近新聞の見出しでも感じることですが、なんでもかんでも下流とか、二流とか、ランク分けする記事が増えたなと感じます

 要するにこれも健康不安をあおる記事と一緒で、あんたは今のままでは老後の生活が不安、だからこうしなさいという指南記事が多いようです

 下流で何が悪い、二流だと生活は破たんしているのかと居直ると、そんなことはないだろうという気がします。要するに自分はどのような生活を望んでいるかというビジョンが大切なのであって、人と比べても意味がないだろうという気がします

 なお、後半の時計の特集記事は私には全く無縁でした。そもそも時計というのは時を刻むものであって、ステータスを表すものではないと私は思っています

 実用かステータスか、人によって評価かは分かれると思いますが、、これみよがしに格好良い時計が出ているのは、ちょっと変だぞと感じました。まあ雑誌の名前から察するに、ちょっとだけリッチな気分をくすぐるという意味があるのかもしれません。 
関連記事
2016/10/28 07:27 資産運用 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR