第113回 ORIHIKAのカジュアルシャツを購入

 私の現在の仕事は非常勤講師だけで、フルタイム時代は通常の教員でしたから、基本的に背広等は1着しか持っていません。ただし式服関係は卒業式等で使うこともあり、夏冬の両方を持っています。

 それ以外、普段どうしてもネクタイ着用が必要だなと思ったとき(保護者との面談時等です)はブレザーを着用してきましたので、要するに白いYシャツや背広の必要性がないことになります。

 その意味では通常のサラリーマンの方に比べると、衣料品代は安く上がっているなと現職時代も感じていました。

 一方必然的に普段着に利用する衣服は増える傾向にありますが、これも物持ちが良いのと、40代ぐらいから体型がほとんど変わらないので、中には10年以上着ているものもあります。

 つまり衣料品代は靴下や下着以外ほとんど必要ないということを言いたいのですが、早期退職後5年半が経過し、さすがにここにきて現役時代に買っていた衣料品の一部がくたびれ果て、見た目もわるいなと思うことが増えています。

 おしゃれやファッションには無縁な人間だと思っていますが、バンコク旅行に行くようになってホテルチェックイン時にあまりみすぼらしい格好していると、案内される部屋も格が下がるのではないかと思う時があり、少し服装を意識するようになりました。

 当然かと思いますが、夜にレストランで食べたり、アルコールを飲む店に行った時も、特に海外では服装でステータスを判断されることが多いなと感じるようになりました。

 また最近フルート教室に通い始め、先生が40歳前後の女性なので、60代シニアとして、あまりみっともない服装はできないなとも感じるようになり、前置きが長いのですが、先日久しぶりにカジュアルシャツを2着購入

 最近ショッピングモールでよく見かける「ORIHIKA」という店が、セールをやっていて、ここで購入。1着2000円程度ですが、私には大きな出費に感じられました。

 ただ物は良さそうだったので、もう少し買っても良いかなと思ったのですが、サイズが合うかちょっと心配だったので、とりあえず2着にしました。

 というわけで、今日それを着ているのですが、サイズはぴったりでした。久しぶりの新品シャツなので、きょうはこれを着て池袋まで出かけようかと思っています。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

11 : 08 : 24 | ファッション | コメント(0) | page top↑

第112回 新宿へ行き「フルート20 ベスト セレクション」という楽譜を購入

 昨日は天気も良く、思い切って新宿へ。我が家から電車を乗り継いで1時間半ぐらい。車賃が片道800円ぐらい必要で、往復1600円。高いなあと思いつつ、向かったのが西新宿になる「フラマツフルート」という店。

 最近フルートの練習に力が入っていて、なんか新しい楽譜がないかなと思って探すのが第一目的。2つ目が、展示されているフルートを試奏させてもらうこと。

 店内に入り、試奏用のフルートを眺めていたら、カウンターの中から若い女性店員さんが出てきて、「どうぞ自由に吹いてみてください」と言うので、ちょうど小部屋が開いていることもあり、60数万円と言う高額のフルートを吹いてみました。

 吹くといっても半音階を一つずつ試しに吹いてみただけですが、今持っている20年以上前に30万円前後したフルートに比べると、ともかく音が出やすいのでびっくり。

 この20数年間で楽器の基本的な構造は変わらないものの、電気製品と同じで、様々な部分に改良が加えられているんだろうなと感じました。

 簡単に思うような音が出たので、調子に乗ってもう1本。今度は100万以上するフルートを吹かせてもらいましたが、こちらは逆に音が出ない。というより音が出にくい。

 プロも使うようなフルートだそうで、大きな音で鳴らすことが出来る分、私のような初級者に毛の生えたような奏者では楽器を鳴らすことが難しいんだと、逆にびっくり。高けりゃいいんだと言うものでもなさそうです。

 というわけで現状の私の実力であっているのは60万前後のフルートと言うことになりそうで、それ以上は宝の持ち腐れということです。

 試奏後、今度は楽譜の物色。フルートの楽譜と言うのは、一部の有名な教則本以外何万部も売れると言うことはないはずなので、その分低下も高くなっています。

 それでも今練習している曲の伴奏CDがついた曲集があったので、これを購入。題名が「Flute20 Best Selection」の第2巻。しかし定価はなんと3200円。CD付きとはいえ高いです。

 昨日少し吹いてみましたが、結構使いやすそう。唯一気になったのが演奏のピッチ。ちょっと高いように感じられました。


テーマ:楽器 練習 - ジャンル:音楽

14 : 08 : 04 | 音楽 | コメント(0) | page top↑

第111回 ICレコーダーは、性能もよく、使いやすそうです

 ヤマハのICレコーダーが到着し、説明書を読んで昨日から使い始めました。早速へたくそな私自身のフルートの音を録音してみましたが、改めて聞いてみると実に情けない音です。

 もちろんフルートの音が情けないのであって、ICレコーダーの録音機能が情けないのではありません。要するに下手な演奏を忠実に録音してくれるという評価です。

 おかげで、私の演奏はこんなに息も絶え絶えだったのかとか、音があちこちかすれているとか、このテンポ感はいったいどういうことなんだと、ともかく反省することが多かったです。

 しかしそれはそれとして、説明書も割りと分かりやすく書かれていて、ファイルのコンピューターの取り込みも、デジカメの画像ファイルを取り込むのと同じぐらい簡単そうです。

 私はこのブログと同時に「62歳からのフルート再挑戦」というブログを書いているのですが、いずれもう少しうまくなったら、録音した音を公開しようかと思っています。

 別件です。一昨日近所のショッピングモールに行き、この時期に着るカジュアルシャツを2枚購入しました。衣料品の購入は、下着類を除いて、たぶん数ヶ月ぶりです。

 「ORIHIKA」という会社のシャツで、定価が3800円。そろそろ時期はずれになるので見切りセールだと思いますが、1枚なら1900円、2枚で3000円、3枚で4000円と書かれていて、自分のサイズと合っていて、なおかつ色が良さそうなものを2着購入。

 消費税が入って3240円ですが、1着なら1620円。定価との差を考えると、少しだけ満足感に浸れました。

 というわけで、今月はICレコーダー13000円、シャツ3240円と、通常の月に比べて、妙に出費が嵩んでしまいました。しょうがないので昨晩は食費を少し削ってカレー。肉だけ少し奮発。ジャガイモとニンジンは自家製です。

テーマ:楽器 練習 - ジャンル:音楽

09 : 48 : 35 | 音楽 | コメント(0) | page top↑

第110回 ヤマハのICレコーダーを購入しました

 ちょっと更新が滞っていましたが、この間フルートの練習をそれなりにがんばって、フルート教室の先生から、練習時のアドバイスや音を録音することの許可ももらいました。(ただしレッスン中の音はネットにはアップしないと言う条件です)

 というわけで、それならとりあえず自宅のノートパソコンのサウンドレコーダー機能を使って、自分の音を録音してみようと思い、机の中を引っ掻き回しコンデンサーマイクをつけて録音。

 サウンドレコーダーそのもの使い方は簡単。クリック一つで録音開始でクリックして終了。ファイルも自動的に保存してくれます。

 ちょっとワクワクしながら聞いてみると、これがとてつもなくひどい。ひどいと言うことは聞いていましたがこれほどとは思いませんでした。パソコンのスピーカーが悪いのかと、DVDを見るとき使っているアンプに接続もしてみましたが、ひどい音が大きな音になっただけで効果なし。

 というわけで、パソコンのサウンドレコーダーはせいぜいが会議の中で、忘れないように会話を録音する程度の用途しかないということがわかりました。

 さてどうしたもんか?と思っていたのですが、今日もフルートのレッスンに出かけ、いろいろ有意義なアドバイスをいただき、その時は納得していたのに、家に戻って楽譜を見たら大半を忘れていることに気がつくいて愕然。

 「これは遺憾。記憶力も衰えている。やはりレコーダーの購入しかない」と遂に決断。先ほど前回のブログで紹介したヤマハのサウンドレコーダーを注文しました。

 さてどんなものなのか?チューナー等もついていると言うのでかなり期待しています。月曜の夜に到着するそうなので、その後また使用感を報告したいと思います。


テーマ:楽器 練習 - ジャンル:音楽

14 : 12 : 33 | 音楽 | コメント(0) | page top↑

第109回 自分の楽器演奏を録音するには

 フルートの練習に熱が入ってきて、なんとか自分の音を客観的に聞いてみたいと思うようになり、当初ICレコーダーの購入を考えましたが、楽器の録音を想定すると、通常のICレコーダーでは音質の点でかなり劣ると言うことがネットの情報で分かってきました。

 だとしたら電気屋さんでわざわざ数千円のICレコーダーを買ってももったいないなと思い、それに変わる録音方法がないかいろいろ考えていました。

 最初に思いついたのがデジカメ。ムービー機能を使えば画像も撮れますから、良い演奏ができればユーチューブあたりにアップも可能だなと思えましたが、これまで旅行に行って撮影したムービーを再生してみると、その音質は残念ながらICレコーダーよりもさらに悪いような気がします。

 次に考えたのがパソコン。調べてみるとウインドーズには「サウンドレコーダー」というアプリケーションが内蔵されていて、マイクをつければ外部録音、音声だけならネット上の音楽も録音できることがわかり、これならすぐ利用できそうだと考え、スカイプで使うようなマイク一体型のイヤホーンを接続。

 早速実際に録音して再生してみると、すぐに「こりゃ駄目だ」と分かりました。ただでもへたくそな演奏が、さらにひどい音になり、まるで幼児が縦笛を吹いている様な音にしか聞こえません。

 原因はレコーダーソフトの性能によるところも大きいのだと思いますが、先ずマイクが安物で、その上パソコンのスピーカーで聞いているので、ひどいのは当たり前です。

 そこで机の中を引っ掻き回して、昔自然の音を録音しようと思って購入したコンデンサーマイクを探し出し接続。さらにコンピューターのアウトプットを、いつも音楽を聴いているアンプに接続。

 「これでどうだ」と聞いてみると、確かに音質はかなり改善。一応フルートの音には聞こえます。しかしユーチューブにアップされているような音とは程遠い。

 それでも練習を振り返るのには良さそうなので、当面これで我慢です。しかし、ゆくゆくは以前紹介したと思いますがヤマハのICレコーダーを購入しようと思います。

 ただしそれには金額はもちろん、私自身の演奏がもう少しうまくなったらと言う厳しい条件がついています。


テーマ:オーディオ機器 - ジャンル:音楽

09 : 43 : 36 | コンピューター関連 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
自己紹介 (2)
旅行 (54)
料理 (40)
将来計画 (12)
コンピューター関連 (16)
健康 (15)
買い物全般 (35)
車 (8)
音楽 (7)
家計簿 (6)
ファッション (8)
運動 (6)
クレジットカード (7)
カメラ (2)
副収入 (2)
資産運用 (5)
電気製品 (11)

最新コメント

プロフィール

hokubuy

Author:hokubuy
 こんにちは、体調不良で57歳に早期退職し、その後家計の心配をしながら現在62歳で一部の年金とパートの収入で生活しています。

 このブログは、早期退職から年金生活に至る間の節約生活で、どんなものが必要だったかをまとめているブログです。

 参考になることがありましたら幸いです。

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ