第77回 ウイルス・セキュリティソフト「マカフィー・リブセーブ」を購入

 今日の昼は自宅で節約のためにパスタを食べて昼寝をしましたが、目が覚めると外は猛暑。実は明後日からハワイに行くのですが、私が住んでいる埼玉県では、ちょうど旅行中が県知事選の投票日で、ちょっと慌てて猛暑の中、期日前投票へ。

 市役所の指定された部屋に行くと、がらんとした部屋に10人ぐらいの職員がいて、通常の選挙と変わらない物々しい雰囲気。しかし人件費の無駄だなとは感じました。

 投票する人なんて誰もいないのではと思ったのですが、ポツリポツリと来る人もいるようで、これはちょっと予想外でした。国会では安全保障関連法案の審議が続いていますが、私はあの法案は必要ないと思っているので、自民党関連ではない候補者に投票。これも一種の意思表示だろうと思っています。

 投票後、そのまま車で15分ほどのところにあるショッピングモールへ。先日購入したノートパソコンと、ヤフーのポケットwifiを持参して、今フードコートでこれを書いています。

 ポケットwifiは想像以上にスピードも速く、これなら十分どこでもノートパソコンでブログが書けるなと納得できました。外で利用したのは初めてです。

 それはそれでよいのですが、実はこのパソコンに最初からインストールされていたセキュリティソフトが使用期限が近づいたというメッセージをだし、あわててセキュリティソフト買いに来たのも、ここへ来た目的の一つです。

 以前は安かったソースネクストのセキュリティゼロというソフトを使っていたのですが、使えば使うほどパソコン全体のスピードが遅くなるように感じられ、今回一新しようと思っていました。

 そう思って選んだのが、試用版としてインストールされていた「マカフィーリブセーブ」というソフトの3年版。使用台数の制限がないというのが気に入りました。また3年間で1.5万円ぐらいですが、今はキャンペーン中で5000円のキャッシュバックがあるという売り文句につられてしまいました。(笑)

 しかし最近は面白いですね。大きな箱に入ったソフトを買うのかと思ったら、購入したカードの一部を削って、そこに出てきた暗証番号でネットからダウンロードする形式になっていて、時代は変わったなあとつくづく感じました。

 今日は帰宅したらさっそくインストールしてハワイの出発に間に合わせたいと思っています。
16 : 22 : 34 | コンピューター関連 | コメント(0) | page top↑

第76回 壊れた電気製品の買い替えは辛いです

 早期退職後、私はフルタイムの勤務を離れ、パートの仕事となりました。当然収入は大幅ダウンで、毎月の会計は赤字の垂れ流し。しかし前回、前々回に書いたように、軽自動車の売却を行い、若干の収入を得ました。

 とはいうものの、月々の出費に比べれば、焼け石に水です。もちろん収入が全くないよりあった方が良いに決まっています。というわけで、今はこういった臨時収入の代わりに100円玉や500円玉を貯金箱に入れて、これがいっぱいになると、自前のボーナスとして何かちょっとしたものを買うようにしています。

 それはそれとして、フルタイムとパートの間で、もっとも大きな違いだと思ったのはボーナスの有無。フルタイムの頃は、このボーナスで、6月から7月にかけて請求のある税金や医療保険、自動車の任意保険を支払っていました。

 またその残りは一部が貯蓄や住宅ローンの繰り上げ返済、一部が私の好きな旅行費用となっていました。ところがパートの暮らしになると、そういった大きな金額の収入が全くなくなり、「こりゃ相当計画的に支出をしないと危ないな」と思うようになりました。

 ところがそんな心を見透かしたかのように、それまで大事に10年以上使ってきた電気機器が次々とダウン。まず最初に壊れたのが、オーディオのアンプ

 私はクラシック音楽が好きで、今でもレコードを100枚ぐらい、CDを200枚ぐらい、その他レンタルで借りたCDから録音したものを100枚ぐらい持っています。

 これらを聞くには、やはりある程度音質の良いアンプとスピーカーが欲しい。ちなみにスピーカーは今から40年以上前に、私の父親が購入した、当時ステレオと呼ばれていた大きなスピーカーを今も使っています。

 で、このスピーカーが今でも結構いい音がするのですが、そのスピーカーを存分に働かせるためのアンプが突然音が出なくなってしまい買い替える必要性に迫られました。

 というわけで急遽アンプの購入となったわけですが、当然ボーナスからの支出をするわけにはいかず、日々の生活費から支出することになるので、価格と性能を天秤にかけて熟慮。

 これも三か月ぐらい悩んだと思いますが、結局購入したのがONKYOの「A-9050」というもの。調べてみると今でも販売されていますね。当時3万円ちょっとだったと記憶していますが、今は3万を切っています。

 しかし音は確かに良いです。ただクラシックファンにすると、ちょっと硬い感じがするかもしれません。DVDを見るときは、このアンプに音声をつないでいるのですが、かなりの迫力になります。

 果たしてどんな音がするのか?となけなしのお金をはたいて恐る恐る買ったアンプですが、今は非常に満足しています。



 

テーマ:シニア(60歳以上)の日々 - ジャンル:日記

12 : 34 : 01 | 電気製品 | コメント(0) | page top↑

第75回 軽自動車、売却の顛末、査定ではなく交渉?

 車の査定ですが、三社来て、内二社は車検証を確認して、あとはざっと車の周りを一回り確認しておしまい。今の車は年式を見て事故歴がなければ、あまり細かい部分を見る必要はないのかもしれませんが、査定というからにはあちこち見るもんだとばっかり思っていました。

 というわけで昨日書いたように、最初に来た二社のセールスマンというかバイヤーさんは、さらっと見て「希望額はいくらですか?」と聞いて、私が「特に要望はない。三社来る予定なので、その中で一番高い査定の会社に引き取ってもらいたい」と伝えると、「希望金額または他社の見積金額を教えてほしい」と言うだけで、自分からなかなか金額を言い出しません。

 結局段々私も不愉快になって、「それではもう結構です」というような段階にいたり、ようやく本社に電話をして見積額を聞いてみるので「ちょっと待ってください」といいます。

 その場で携帯電話を使って、何やらこそこそ話をしていましたが、結局提示された額が5万ぐらい。私もその程度か、場合によっては数万かなと思っていたので、「そこで決めるか」と思ったのですが、三社目の業者さんがまだ来ていないにに、「決めちゃいました」と伝えるのは失礼だと思ったので、「ではその金額を預かって、他の業者さんと比較して、結果を電話で知らせたい」と伝えると、またしても困った様子。

 「不服ならもう少し金額をあげてもいいかもしれません」というようなことを言い出し、どうも態度がはっきりしない。

 私は「三つめの業者さんがこの後来るので、その業者さんの見積もりを聞いてから決めたいだけだ。金額に不服というわけではない」ということを丁寧に説明したのですが、なかなか分かってもらえない。

 「なぜうちじゃダメなんですか?」なんて訳の分からないことまで言い出し、そうなるともうこれは「査定」ではなく「交渉」だなと思ったので、「あとで結果を連絡します」と伝えて、半ば強引に話を終えました。実に不思議な展開です。

 そして三社目。この方が一番まともでした。車検証を見て、足回りを確認。車の中を見て、ついでにエンジンルームも確認。私は他の業者さんからの見積もりをすでに聞いていましたが、この方は「他の業者さんの査定価格は?」という質問を一切せずに、「この車なら10万で引き取りたい」と言います。

 一気に二倍の額になってちょっとびっくりしましたが、態度は誠実で中古車といえども車に対する扱いも丁寧。そのうえ他の業者より高いと来れば即決です。

 あっという間に契約が成立。無事10万円が手に入りました。その後他の二つの業者に、売却が決まったことを連絡。5万前後を提示していた業者さんは、10万で売れましたという私の報告に納得せざるを得なかったようでした。

テーマ:シニア(60歳以上)の日々 - ジャンル:日記

15 : 23 : 01 | | コメント(0) | page top↑

第74回 車の査定を依頼したら

 5年ぐらい前の話になりますが、体調不良で早期退職をしたので、その後フルタイムでの仕事は無理と判断して、パートだけの収入となりました。

 市や県からの補助金もありましたが、息子の教育費を払うと月々の会計は赤字。それまでの貯金があり、退職金ももらいましたので、一気に困窮ということはありませんでしたが、毎月毎月じわじわと貯金が減っていくのは結構精神的によくないものです。

 一応早期退職前に退職後の収入と支出を予想して、自分の金融資産がどのように変化するかのシミュレーションを何通りか作り、贅沢な生活をしなければ貯蓄は持ちこたえると考えていましたが、そのためにはかなり意識して節約もしないといけないことが分かりました。

 というわけで、このブログは買い物ブログですが、今日はちょっと話題を逆にして、車の売却の話。私の妻は、突然の病気で2年間の闘病生活を経て残念ながら他界したわけですが、妻が使っていた軽自動車が残されました。

 私も通勤で1台使っていましたので、早期退職時には2台の車があり、最初は長距離は通常の1800ccの車、近距離は軽自動車と使い分けていましたが、維持費がやたらかかることが分かり軽自動車の売却を決意。

 ネットで、見積もり依頼というのを行うと、三つの業者から電話があって、車を見たいと言います。この時面白い経験をしました。

 いくらぐらいで売れるか知りたかったので、査定をしてほしいと依頼したわけですが、二社の査定マンは、「いくらがいいのか?」と私に逆に聞いていきます。

 「いくらか分からないから査定を頼んだんだ」と答えると、「それでは見積もりが出せない」といいます。実に不思議な状況です。査定というのは、プロの目で車を見て、ずばり「この値段で買い取ります」と言ってくれるのだと思っていました。

 しかし私が額を提示しないので、逆に困ってしまったようで、本社に問い合わせをしています。車検証等のデータはすべてネットであらかじめ教えてあるのに、何の見積もりもせずにノコノコやってきたようにみえ、不信感が募りました。

 さらに私が悩んでいると、「他社はいくらですか?」なんてことまで聞いてきます。他社が見積もりを出しているのなら、それより少し高くしようという魂胆だと思いましたが、それだとあとから来た業者さんが有利になります。

 そう思ったので、そのことを伝えると、ますます困ってしまった様子。実に不思議な展開でした。(長くなるので明日へ)
 

テーマ:報告・レポート - ジャンル:日記

17 : 06 : 43 | | コメント(0) | page top↑

第73回 ショルダーバッグは手持ちのもので代用することにしました

 悩んでいたショルダーバッグですが、新たに購入する場合、私が気に入りそうなものは1万円を軽く越すことが分かったので、手持ちのショルダーを利用しよと発想を変えました。

 ハワイやバンコクに通うようになって、私の旅行スタイルは中型のスーツケースにショルダーバッグというのが定着しています。以前は背中に担ぐようなバッグを使っていたのですが、背中に目が行き届かず、海外特にバンコクでは貴重品管理がおろそかになると思い、ショルダーバッグを使うことにしました。

 以前はサムソナイトの1万円ぐらいのバッグをよく使っていたのですが、これは普段から使いやすくて利用頻度が高く、いつのまにか色があせてしまい、使用を断念。

 次にちょっと国内旅行に出かけたとき持ち歩くのに便利かなと思って、縦型のショルダーを使っていたのですが、これだとデジカメ等の出し入れが不便だということが分かり、これは息子の持ち物へ。

 しかし、いくつかのショルダーバッグを使ってみて、だんだんと自分の好みが分かってきました。そんな中、あるときイトーヨーカドーのバッグ売り場で何気なく見ていたら、「これを買うと良いぞ」みたいな霊感?が働き、買ったものが「marie claire」と書かれたバッグ。

 私はこれまでブランド物やメーカーの名前にはほとんど関心を払わず、実用本位でこういった雑貨を物色していましたで、この名前が意味するものもまったく理解していなかったのですが、妙に色合いがよく、しっかりしたつくりが気に入ったので、たまたま若干値引きがされていたので思い切って購入。

 その後ハワイやバンコクにもって行き重宝していたのですが、あるときバッグの中のタグをふと見たら、「Ace」という有名旅行かばんのメーカーだったことが分かりびっくり。

 今使っている中型のスーツケースもエース製品で、使いやすいなと思っていましのたので、どうりで品が良いわけだと納得。そこで試しにこのバッグに今回持参予定のパソコンとデジカメを入れてみると、何のことはないちょうどうまく収納できそう。

 というわけで、パソコンを買い換えて少し大きくなったので、このバッグでは無理だろうと勝手に思い込んでいましたが、これで一件落着ですが、このAceというメーカの製品、確かに質がよいと思います。

 今回は買いませんでしたが、こんな感じのショルダーを捜していました。Aceのオンラインアウトレットショップですが、この店でスーツケースを購入しました。色はもっとカジュアルな物があります。


テーマ:シニア(60歳以上)の日々 - ジャンル:日記

11 : 17 : 01 | 旅行 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
自己紹介 (2)
旅行 (54)
料理 (40)
将来計画 (12)
コンピューター関連 (16)
健康 (15)
買い物全般 (35)
車 (8)
音楽 (7)
家計簿 (6)
ファッション (8)
運動 (6)
クレジットカード (7)
カメラ (2)
副収入 (2)
資産運用 (5)
電気製品 (11)

最新コメント

プロフィール

hokubuy

Author:hokubuy
 こんにちは、体調不良で57歳に早期退職し、その後家計の心配をしながら現在62歳で一部の年金とパートの収入で生活しています。

 このブログは、早期退職から年金生活に至る間の節約生活で、どんなものが必要だったかをまとめているブログです。

 参考になることがありましたら幸いです。

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ