第55回 パスタソースはどれがおいしい?

 パスタソースはどれがおいしいのか?スーパーに行くと多数のレトルト製品が並んでいます。通販ならもっといろいろなバリエーションもあるのかなと思って、ランキングを調べてみました。

 第2回 「レトルト食品総選挙 パスタソース部門」というページが出てきました。(ランキングについては他にもいろいろなページがあります)

 早速見てみると、1位2位がヱスビー食品の、「ずわい蟹のトマトソース」「極上ほたてのオマール海老ソース」となっていますが、これは確かこのシリーズの中でも高額(1食350円ぐらい?)なソースだと思います

 我が家では基本的に200円前後を目処にしているので、これらのソースは食べたことがありません。しかし第三位を見ると「ハインツ日本」の「大人向けのパスタ イベリコ豚の完熟トマトソース」となっていて、最近私もこのシリーズに注目しています。

 特にこの「イベリコ豚」と第6位になっている「熟成ベーコンのナポリタン」は、スーパーで200円前後で手に入り、味もかなり良いと思っています。

 またヱスビー食品の「予約でいっぱいの店の・・・」のシリーズでは4位に入っている「ポモドーロ」の他に「ボロネーゼ」が好みです。

 以前は「青の洞窟」シリーズを気に入っていたのですが、最近の値上がり傾向で、このシリーズの価格が安くても消費税混みで250円ぐらいになってしまい、徐々に買う機会が減っています。

 それでも「ペペロンチーノ」は2食分入っているのでたまに購入。味も良いと思います。また「ボンゴレ」が美味しいと思っています。

 私がこれらのパスタを食べるときは、ハワイで買ってきたお土産のハワイアンコーヒーをつけて、パスタ定食風にしています。

 というわけで、昨日に続いて、これらのパスタソースも通販で買えば安いのかなと思っていたのですが、どうやら楽天を見る限り、スーパーの方が安いみたいです。ということはパスタに関しては、麺だけを通販で買ったほうが良いということになりそうです。
11 : 17 : 11 | 料理 | コメント(0) | page top↑

第54回 昼食によくパスタを食べています

 早期退職をした頃は外食の頻度が高かったのですが、家計簿をつけるようになって、外食費用をトータルしてみると1食800円ぐらいで、月1万円ぐらい使っていることが分かり愕然。

 例えばそれをスーパーやコンビニの弁当にすれば500円程度になり、さらにファーストフード系のうどんや牛丼にすれば400円ぐらいになります。さらに自炊をして、自分で麺類を食べればこれが200~300円で収まることが分かり、徐々に自炊の機会が増えていきました。

 食べるにあたっては、例えばスーパーでレトルトカレーを買ってくれば、ご飯代と合わせても200円ぐらいで済みますが、一応朝も夜もご飯を食べているので、昼ぐらいは麺類かパンを食べたいなと思っています。

 そう考えて、一番よく食べているのがパスタ。中でもバリラというメーカーの、麺の太さ1.7mm、茹で時間9分というのを愛用しています。このパスタを美味しく食べるために、安っぽいキッチンタイマーと秤まで買ってしまいましたが、確かに9分前後で固すぎず柔らか過ぎずのちょうどよい麺に仕上がります。

 でこの麺の価格ですが、ほとんど割引のないスーパーで買うと450gで350円ぐらい。ちょっと値引きしているスーパーで300円前後。さらにタームセールや季節セールとしてがんばっているスーパーで250円ぐらいです。(いずれも税抜き)

 高いなあと思いつつ、美味しいので250円という価格を見ると、つい買ってしまうのですが、ここにきて諸物価高騰でなかなか250円という価格にもめぐり合わなくなってきました。

 というわけで通販はどうなっているんだろうと楽天で調べてみたら愕然。安い!なんか今までずっと損していたような複雑な気持ちです。

 まあ大量に買えば安くなるというのは当たり前ですが、我が家には安いときに買った束がまだ6束2.7kg分ぐらいありますので、これを消費したら通販にしようと思っています。

 価格ですが、楽天で5kgのものを買うと1800円弱。もし1束450gに換算するとわずか162円。知らぬはなんとかですが、こういうところでさらに節約の差がでそうです。

 ちなみに私は1食分の使用料を125gと決めているので、5kgあると40食分。5日に1回食べたとして200日。賞味期限は1年以上あるので、5kgなら充分。10kgになると余ってしまうかもしれません。



16 : 26 : 02 | 料理 | コメント(0) | page top↑

第53回 ホテルのチェックインは服装で評価される?

 バンコクに行き始めた頃は、暑い場所だということで、Tシャツ半ズボンという姿が多かったように思います。実際夜のチョイ悪欧米人が多数集まるような繁華街では、そういった服装がごく普通です。

 私もバンコクに行く前はよくハワイに行っていたので、ハワイでの服装を思い出し、同じような格好で街歩きをしていました。

 ところが、いい年をしたおじさんがこういった格好をしていた場合、現地の人はそれをどう見ているんだろうということが、バンコク旅行を重ねる内に気になり始めました。

 実際に地元のポピュラーな交通機関である高架鉄道や地下鉄の車内で地元の人の服装をよく見ると、Yシャツやポロシャツといった襟付きのものを着ている人が多く、さらに言えばステータスがあると思われるような人は長袖シャツです。

 上がそういった服装ですから、当然下半身も短パンではなく、ほぼ100%長ズボンです。「暑くないのかな」と当初は気になりましたが、暑さには慣れているようですし、いわゆるサラリーマンが働くようなオフイスはエアコンががんがん効いています。

 というわけで、そういった襟付きシャツと長ズボンが、ある意味バンコクではステータスの象徴であって、逆に欧米人や日本の若者が着るようなTシャツ半ズボンといういでたちは、旅行者若しくは遊び人の服装であるということが分かってきました。

 次に気が付いたのがホテルのチェックイン。フロント係りはチェックイン時の客の服装でステータスを判断しているのではと思えることがあり、徐々に私の服装もシャツと長ズボンに変化。

 足元も最初はサンダルだったりスニーカーだったりしたのですが、今はタウンシューズを履き、昼間動き回るときのためにTシャツと軽いスニーカーをスーツケースに入れています。

 さてそういった服装に気をつけるようになって劇的に変化したのが、ホテルの部屋。それまでは低層階だったり、ちょっと見栄えのしない部屋だったり、外の景色がいまいちだったりする部屋が多かったのですが、ここのところ常に最上階に近い、該当ホテルの中ではかなりランクの高いと思われる部屋に案内されるようになりました。

 つまりフロント係りは、まあある意味当たり前ですが、客の服装や容貌を見て、案内する部屋を多少変更していると思われるということです。

 一方、もともと私はファッション感覚はほとんどゼロに等しい人間なので、それが分かっても、ではいったい何を着るべきかというところで迷うことも多いのですが、そんなおじさんでもユニクロの製品は値段の割りに扱いやすいなと感じています。

 調べてみると、ユニクロという会社は、他の衣料品会社よりも原価率が高いようで、その分同じ値段の製品では、質が良いという評価になっているようです。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

10 : 34 : 16 | 旅行 | コメント(0) | page top↑

第52回 海外旅行に英語は必須

 初めてハワイに行ったのは今から20年以上前。行きの夜行便は嫌だなと思っていましたが、それ以外に不安だったのが英語。一応大学を卒業しましたので、英語は中学校から初めて10年ぐらい勉強したはず。

 しかし、英会話を実践するような授業は、私が受けたカリキュラムではほとんど無く、書いてある英語を訳し、特定の単語や熟語を覚え、文法を理解するというもので、授業中に自分から英語をしゃべるという機会はほぼ皆無

 そんな中、たまたま出会った英語教師に恵まれなかったのか、ちょっとした間違いでバツになってしまう試験制度が不愉快だったのか、中学高校と英語の成績は常に下位でした。

 ところが、大学を受験する頃になって、試験科目に英語が必要で、ともかく平均以下の点数を少しでも上にあげれば受験にも有利になることが分かり、受験勉強時に中学まださかのぼって文法等を復習。

 その時点で、自分の英語の実力は中学校2年程度から怪しくなっているということだけは分かりました。その後幸いに大学には合格しましたが、英語の授業には身が入らず中途半端なまま卒業。そしてハワイに行くことになり、「こりゃ大変なことになった」と認識。

 ただ、実際にハワイに行って見ると、ワイキキ近辺なら日本語でも何とかなるということが分かり、「yes、no、thank you」だけで、旅行を乗り切りました。

 しかし帰国後すっかりハワイの雰囲気に取り付かれてしまった私は、英会話の必要性を再認識。再び中学生ぐらいの問題集なんかを取り出して、仕事の合間に勉強。

 ついでに、とりあえず実力を試してみようと思い、TOEICを受験。第1回目の結果は400点代前半と無残なものでした。それでも旅行に行くからには英語は必要だと自分に言い聞かせ、図書館で英会話に関する本を借りてきたり、ネットで英語のニュースを印刷して訳してみたり、通勤中の車の中で英語のカセットを聞いたりと、まあそこそこ努力をしました。

 すると数年間かかりましたが、TOEICが600点台まで上昇。これは最低限の日常英会話が出来るレベルに相当するみたいなので、後は実践するしかないと思い、ハワイで少しずつ会話の機会を増加。

 今もたぶんTOEICは600点台の実力しかないと思いますが、年齢的な居直りみたいなもので、ホテルのチェックイン等は、不自由なく出来るようになりました。この間、英語の勉強で一番役に立った書籍のほとんどがアルクから出版されたものでした。

 英会話をやり直そうと思ったら、ちょっとサイトをのぞいて参考にするのも良いと思います。


14 : 53 : 44 | 旅行 | コメント(0) | page top↑

第51回 バンコク旅行に行き、昨日帰国

 1週間ほど更新が滞りましたが、この間バンコクで遊んでいました。5泊6日の旅行で、すべて個人手配。飛行機は安い価格かつ午前便という条件で検索して、今回初めてタイ国際航空を利用。

 私の利用順位というか、これまで使ってきた航空会社は、多い順に「チャイナエアライン」「JAL」「ANA」「エアアジア」そして今回初となった「タイ国際航空」です。

 ほとんどが海外旅行での利用で、最初に行き先を決め、次にチケット料金を見ながら航空会社を選択。ただしマイレージの関係もあるので、それも考慮。

 欧米系と中国、韓国系の航空会社は、正直に書くと若干避けています。(チャイナは台湾の会社で、エアチャイナとは別です)理由は、欧米系はフライトアテンダントの態度ががさつ?だという噂を聞いているからです。

 中国、韓国系は、搭乗すれば違和感はないのだと思いますが、国同士の感情的なしこりを若干気にしています。またこれまでに旅行先で出会った中国系の旅行者がマナー違反をすることが多く、時折不愉快に感じることもあるので、そういった人たちが多数搭乗していたら嫌だなという気がします。

 飛行機関係のマナー違反の具体例ですが、私が体験した範囲では、食べ物を座席の周りに落としても気にしない。離発着時に平気でスマホ等の電子機器を操作。自分の好きな席に勝手に座っている等。

 他にもチェックインカウンター等で列にならばず勝手に脇から入ってくる。(これはホテルのチェックインやチェックアウト時にも体験。人がチェックインの手続きをしているのに、その係員に大声で横から呼びかける等)

 他にも、私が食事中で座っているテーブルの脇で、いきなり携帯が鳴り出したかと思ったら、そのまま大声で会話を続ける。まあ思い出すとキリがないのですが、やはり近くにこういった人がいると疲れます。

 付き合ってみればよい人も多数いるはずで、マナー違反は少数だと思うのですが、その振る舞いがちょっと日本人の常識から外れているので、目立ちます。

 というわけで、航空券選択は結構大変ですし、個々の会社を一つ一つ調べるのも面倒。その意味では、日程が決まった段階で、今どんな会社のチケットに空きがあって、いくらぐらいなのか一括で分かるとよいなと思うようになり、「スカイスキャナー」や「FreeBird」といったサイトをよく利用するようになりました。

 こういったサイトで、全体の現状を見て、そこから好みの航空会社のサイトに飛んでチケット確保という方法を使っています。もちろんこれらのサイトから直接チケットを購入することも出来ます。

 以下の「FreeBird」(フリーバード)への広告リンクです。

16 : 11 : 44 | 旅行 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
自己紹介 (2)
旅行 (54)
料理 (40)
将来計画 (12)
コンピューター関連 (16)
健康 (18)
買い物全般 (36)
車 (8)
音楽 (7)
家計簿 (6)
ファッション (9)
運動 (6)
クレジットカード (7)
カメラ (2)
副収入 (2)
資産運用 (5)
電気製品 (11)

最新コメント

プロフィール

hokubuy

Author:hokubuy
 こんにちは、体調不良で57歳に早期退職し、その後家計の心配をしながら現在62歳で一部の年金とパートの収入で生活しています。

 このブログは、早期退職から年金生活に至る間の節約生活で、どんなものが必要だったかをまとめているブログです。

 参考になることがありましたら幸いです。

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ