FC2ブログ

第249回 9月にJALのビジネスクラスでハワイに行きます

 17日に4泊5日のバンコク旅行から帰国。いつもは5泊以上なので、今回はちょっと物足りなくなるかもと思って出かけましたが、予想以上に楽しむことが出来ました。

 ちなみに直前に購入したビジネスバッグですが、なかなか使い勝手が良かったです。どういった部分で「こりゃ良かったな」と感じたかですが、先ず収納。

 A4サイズのノートパソコン、コンパクト一眼レフサイズのデジカメの他に、掛け替えようの眼鏡、旅行記を書くためのメモ帳、携帯電話、飛行機やホテルの予約確認書、さらにパスポートや財布等を入れるわけですが、これまでのショルダーバッグに比べると大きな容量なので余裕をもって入れることが出来ました。

 さらに空港で毎回手荷物検査があるわけですが、その際もコンピューターやデジカメ等を素早く出し入れすることが出来るようになりました。

 唯一内部に貴重品をまとめて入れるような、チャック付きのポケットがなかったので、これはバンコク現地で少し質の良さそうなポーチを購入しました。

 というわけで無事帰国し、滞在中の旅行記も一通り書き終えました。そして次は9月ハワイです。こちらもすでにチケット、宿泊施設の手配を終了し、今は現地で何を食べようかといった調査をしています。

 ちなみに今回のハワイ旅行は、ちょっと大枚をはたいてJALのビジネスクラスを24.2万で予約。昨年まではチャイナエアライン(台湾の航空会社です)のビジネスクラスを16万円ぐらい予約していましたが、今年は運航中止。

 ということでやむなくJALです。エコノミーやLCCのビジネスクラスがあることも知っていますが、JALのシートは個別シートになるみたいで、かなり楽しみにしています。

 すでにハワイも20回以上行っていると思いますが、その経験と自分がシニアになったという年齢を考えると、初日の夜行便で数時間ぐっすり眠れるかどうかというのが、その後の旅行を左右するなと思うようになりました。

 特に私は神経質なので、環境が変わるとなかなか寝付けず、そのためハワイ到着の初日は、起きているのか寝ているのかわからないボ~とした状態で過ごした経験をして、ともかく初日夜行便の睡眠が大事だという結論に至りました。

 ただしビジネスクラスでもなかなか眠れないときがあるので、最近は「デパス」という導眠剤をかかりつけの医者に処方してもらっています。

 これを飲むと数時間ですが睡眠が深くなるようで、毎回行くときに1錠だけ服用しています。というわけで、JALのビジネスクラスを楽しみに何とか猛暑を乗り切れるのではと思っています。

 

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

15 : 39 : 13 | 旅行 | コメント(0) | page top↑

第248回 旅行用にビジネスバッグを購入

 来週13日からバンコク旅行に行きます。予定は4泊5日。飛行機はチャイナエアライン。台北乗り換えが面倒で時間も直行便よりかかるのですが、料金の安さに惹かれてここのところ毎回利用しています。

 今回は予約状況の関係で行きがエコノミー、帰りがビジネスクラスとなりました。これまで20回ほど行っていると思いますが、頻繁に行くようになって、現地では意外に外見を気にする人が多いような印象を受けるようになりました。

 まあ見知らぬ外国人旅行者が多い国ですから、ホテルでのチェックインでも外見でその扱いを判断されているなという印象です。具体的には、きちんとした服装で、片言の英語を駆使していれば、そこそこ扱いも良くなり、部屋がグレードアップされる機会が多い印象です。

 というわけで、まあ当たり前ですが見知らぬ場所の旅行では外見を整えた方が良いと思うようになって、最初に変更したのがスーツケース。

 当初は外枠が破損したような情けない格好のソフトスーツケースを使っていたのですが、今はエースの60Lぐらいのスーツケースを使っています。

 次が服装。特にホテルチェックインでは必ず襟付きシャツを着用するようになりました。下は、当初暑いので短パンで過ごしていた時期もありますが、自分の年齢や外見に合わないなと思うようになって最近は薄手の長ズボンを着用。

 このスタイルで、手荷物は長らくショルダーバッグ(メッセンジャーバッグ)を利用していました。空港内を歩き回るとき、右手でスーツケースを引いて、ショルダーバッグを斜めがけにすると、両手が自由になるからです。

 しかし最近になって、ショルダーバッグにA4ノートパソコンとちょっと大きめのデジカメを入れるようになり、ショルダーバッグだけだとちょっと大きさが厳しいなと感じるようになっていました。

 そこで今回の旅行を機会に、いわゆるビジネスバッグを物色。調べてみると私のデジカメを収容するためには、バッグの厚さが11cm以上必要だと分かりました。

 というわけで、最初は自宅周辺の店で探していたのですが、規格を見るとだいたいが10cm以下。また色もビジネスバッグですから黒が多く、旅行に使えるようなカジュアルな色が少ないことが判明。

 それならネットで買えばと思い調べてみたのですが、どうも意に沿うようなものが見つかりません。というわけで、先日自宅から車で行けるアウトレットモールに行き物色。

 当初はエースの製品で良いかなと思っていたのですが、「これだ!」と思うものに巡り合えず、「こりゃだめかな」と思ったころ、別の店の店頭で「Paul Heim」というブランドの青いバッグを発見。

 店員さんに聞いてみると「売れ筋です」とのことで、値段を見ると定価が10000円。それが30%引きになるようで、結局それに決定です。

 今回の旅行ではバッグ以外にもユニクロでドレスシャツなんぞも買いましたので、旅行以外で結構費用が掛かったなと感じていますが、新しいバッグで旅行が出来るというのも一種の快感だなと思っています。

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

14 : 07 : 53 | 旅行 | コメント(0) | page top↑

第233回 3月旅行のためにマップルマレーシアを購入

  3月にバンコク・クアラルンプールに行こうと思い、チケットと宿泊先を決定しました。バンコクにはこれまでずいぶん通っていて勝手が分かっているので、今回は周辺都市に足を伸ばしてみようと思い、クアラルンプールを選択。

 ネットでクアラルンプールの情報を調べてみるとバンコクに比べて見所が多いなと感じました。また都市部の交通網も発達し、旅行者にとっては便利そう。

 というわけでクアラルンプールのガイドブックが欲しいなと思い、先ずは図書館でガイドブックを借りてきて、行きたい場所を調べていました。

 たまたま見つけたのが最新版の地球の歩き方やわがまま歩きシリーズのガイドブックで、こういった書籍でおもな見どころを把握。ところが市街の最新情報とか、旅行者が行って楽しくなるようなレストラン等の情報が乏しい。

 地球の歩き方やわがままシリーズはすべてを可もなく不可もなく平等に紹介していますが、その分「ここだ!」というインパクトに乏しいですね。

 そこでそれなら定番のるるぶシリーズかマップルシリーズだろうと思い、最新版の実物を本屋さんで確認。すると私が使いやすいなと思っているのはるるぶシリーズなのですが、なんと最新版は2015年出版となっていて、見かけは新しいのですが内容は古そう。

 バンコク市街を見ていると良く分かるのですが、ともかく数年で街の雰囲気が変わるのが答案アジアの都市の実態だとおもっていますので、これじゃあだめだと判断。

 というわけで楽天で頼んだのがマップルマレーシア。アマゾンで頼んでも良いのですが、たまたま期間限定の楽天ポイントが400ポイントぐらいあったので、これを利用することにしました。

 ネット上で昨日購入して、どうやら今日到着するようなので楽しみにしています。まんまと楽天の策略にはまってつい買い物をしてしまっているような気もしますが、400円の割引は大きいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マレーシア 〔2017〕
価格:1080円(税込、送料別) (2018/1/17時点)



 
12 : 10 : 11 | 旅行 | コメント(0) | page top↑

第219回 「歩くバンコク」を購入

 私は自分では買い物好きではないと思っています。お金は必要なものを本当に必要な分だけ購入するために効率的に使うというのが信条です。

 ただし趣味?の旅行だけは、多少金銭的な負担があっても、経験には代えがたいものがあると思っています。というわけで、旅行では惜しみなく散財するわけではありませんが、それ相応の散財をしています。

 そういった散財を、これまた効率的に行うために事前の情報収集は欠かせないわけで、その意味では「るるぶ何とか」といった旅行雑誌は、必要に応じて購入しています。

 さてそんな中、よく利用している楽天市場で、Tカードに続いて期間限定の楽天ポイントが350ポイントほどついていることが分かり、これの消費締切期限が近づいてきました。

 というわけで何かを買わないともったいないと、まあ楽天カードの策略にまんまとはまり、購入したのが、最近毎年買っている「歩くバンコク」の最新バージョン。

 バンコクは日本の2分の1から3分の1という物価で、1万円ぐらいのホテルに宿泊すると、かなり高級なシティホテルに宿泊することができます。

 また食事も、アルコール抜きで1000円も出せば、日本では2000~3000円するような立派な定食が食べられます。というわけで、ここ10年ほど足しげく通っているわけですが、そんなバンコクの街歩きをするとき欠かせないのが地図です。

 「歩くバンコク」は、バンコク市街を走っている鉄道の駅周辺の地図が細かく掲載されていて、これを持ち歩いていれば基本的にどこへ行くのもOKという雑誌です。

 バンコク旅行初心者の頃は、分厚い地球の歩き方シリーズも持参していましたが、今はこの「歩くバンコク」だけを持っていきます。

 毎年少しずつ新しい情報が付け加えられているので、つい買ってしまう雑誌ですが、バンコクそのものの鉄道網も毎年少しずつ広がっていますので、そういったことも含めて新しい情報が得られます。

 またおいしいレストランも多数紹介されていて、これまでこの雑誌で紹介されたレストランで嫌な思いをしたことはほとんどありません。

 この「歩く~」というシリーズはバンコク以外にベトナムやホノルルといったバージョンもあり、ハワイ旅行でも役に立っています。旅行好きにはお勧めの雑誌です。


11 : 24 : 15 | 旅行 | コメント(0) | page top↑

第217回 金沢駅構内で販売されている、安くておいしい「あんころ」

  お盆の時期から少し遅れて、混雑が緩和した15日から、昨年開通した北陸新幹線を使って、3泊4日の北陸旅行をしてきました。ご先祖様のお墓が石川県にあるので、お墓参りを兼ねています。

 しかし新幹線は早い!以前は列車の場合ほぼ1日かけて金沢まで出向いていました。最近は車を使うことも多いのですが、1日で金沢まで走ることは体への負担も大きいので、上越や魚津あたりで1泊という旅行が多いです。

 それにくらべると、新幹線は昼前に金沢に到着してしまいますので、なんだか実にあっけない。旅のありがたみというか面白さも減ったなと感じました。

 それはそれとして、無事墓参りを終え、久しぶりに兼六園を散策し近江町で魚介類を購入。さらに金沢駅の百番街で、北陸旅行ではいつも購入する「みのや」さんのアンコロを購入。

 自宅と実家の母親のために4箱購入しましたが、1箱が500円程度ですから、お土産としては安い買い物です。以前は300円程度で買えたような気もします。

 箱を開けると、小さなお餅をアンコでくるんだ、いわゆるアンコロが20個入っています。味は薄あまで上品な感じ。その昔列車で石川県に行くと、帰る直前にこれを駅構内の売店で買い、食べながら帰ってきたことが懐かしいです。

 つまりもうすでに30年来買い続けているお菓子だといえそうですが、味はまったっく変わっていないような気もします。甘いものが嫌いな人は別ですが、万人受けするおみやげでしかも安い。

 別に旅行に行かなくても、通販で買っておいておけば、一か月程度日持ちもしますので、ちょっとしたおやつになると思います。



16 : 57 : 56 | 旅行 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
自己紹介 (2)
旅行 (56)
料理 (40)
将来計画 (12)
コンピューター関連 (16)
健康 (20)
買い物全般 (36)
車 (8)
音楽 (7)
家計簿 (6)
ファッション (9)
運動 (6)
クレジットカード (7)
カメラ (2)
副収入 (2)
資産運用 (5)
電気製品 (12)

最新コメント

プロフィール

hokubuy

Author:hokubuy
 こんにちは、体調不良で57歳に早期退職し、その後家計の心配をしながら現在62歳で一部の年金とパートの収入で生活しています。

 このブログは、早期退職から年金生活に至る間の節約生活で、どんなものが必要だったかをまとめているブログです。

 参考になることがありましたら幸いです。

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ