FC2ブログ
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア
最新コメント
  今年は57歳で早期退職をして10年目。すでにすっかり年金生活にはまって、毎日が休みという生活を謳歌しています。年金生活で大事なのは第一が健康。

 第二が家計。第三が生きがいだと思っていますが、まあ紆余曲折はあったものの、何とか体も家計も持ちこたえています。また生きがいについても、一種の趣味としてこういったブログを書いたり、旅行に出かけたり、市民農園で畑を作ったりとまあいろいろとやりたことがあります。

 さらにここ1週間ぐらいで、以前やっていたフルートの演奏を復活。以前は社会人バンドで吹いていたこともありますが、3年半前にクモ膜下出血を経験して、その後リハビリはしたものの、指の動きが悪くなり練習を断念。

 3年ほど中断していましたが、ここにきて今年はオリンピックの年となり、何かとパラリンピックの話題も提供されるようになりました。
 
 そういった報道を聞いていて、障害が体にあってもスポーツで頂点を目指している人が多数いるという現実を直視。多少指が動きにくくなったとはいえ、一応日常生活には支障がないのだからできる範囲で練習を再開してみようかと思うようになりました。

 というわけでここのところ夕食準備前の1時間半ぐらいを練習時間にあてています。現状は病気の発症前の水準から考えるとかなり情けないので、時に嫌になってしまうこともありますが、まあ吹けないわけではないなという印象。
 
 そこでもう少し自分自身を奮い立たせるためにも新しい楽譜が欲しいなと思いネットを検索。すると美しいメロディで有名なジブリ関連の楽譜が多数見つかり、そのなかでCD伴奏付きの楽譜を一冊購入することにしました。
 
 しかしこの楽譜、まだ発売前で予約購入という事です。ただ、この「フルートのしらべ」シリーズの究極の25曲という楽譜はすでに持っていて、割と吹きやすい楽譜だなと感じています。

 1/29発売となっていますので、まだ先ですが到着を楽しみにしています。



2020/01/16 10:56 音楽 TB(-) CM(0)
  このところ老後2000万円問題をちょっと意識して、食材と医療関連以外の支出はなるべく抑えようと努力しています。そんな中、16日からバンコク・チェンマイ旅行に行くことが決まっています。

 一方で節約、旅費で大金の出費ということで、ちまちま貯めて大きく出費ということになりますが、もしちまちま貯めていなければ、通常の出費も大きくなり資産は大きく減少することは分かっています。

 要するに自分が本当にやりたいことには多少お金をかけるという心構えかなと思っています。そんな中、春先から導入した楽天の格安スマホですが、ガラケーからの乗り換えだったので、当初は操作が全く不明。

 しかし息子に聞いたりしながら、自宅のwifiに接続していろいろいじっているうちに、少しずつ慣れてきました。もともとヘビーユーザーではないので、契約は最低限の容量の契約で、月々の使用料は1500円ぐらい。

 以前使っていたAUのガラケーよりも利用料が安くなりました。接続の速さも、自宅のwifiは光回線なので、特に不便は無し。外出時はドコモの回線につながっているようですが、速さのストレスは全く感じません。

 というわけで、次回のバンコク・チェンマイ旅行でもこれを持参し、ポケットwifiを借りて、街歩きに使おうと思っています。さらに最近は時々スマホで音楽を聴くこともあり、だとしたらイヤホーンがあった方が良いなと思うようになりました。

 そこで昨日暑い中ケーズデンキに行ってイヤホーンやヘッドホンを物色。高価なものは数万するようですが、まあ普通に聞こえればよいし、それよりも装着感を重視してヘッドホンタイプがいいかなと判断。

 一番安いものを探したら、消費税抜きで2000円弱のパイオニアの製品を発見。外観はプラスチックで作りがちょっとやぼったい印象ですが、裏面の仕様を見たら、周波数特性が10~28000Hzとなっていて、かなり帯域が広い。

 人間の可聴周波数は50~15000Hzぐらいであることを知っている(シニアの場合、もっとこの幅は狭くなります)ので、これなら十分かなと思い、すぐには買わずに型式番号を記憶して、傍らの椅子に座ってネットで検索。

 型式番号はSE-MJ522Lというものらしいので、これを検索。すると価格comのページがヒット。値段を見ると最安値が1827円。

 だったらケーズデンキの場合、会員は5%オフになるので、合計金額はネットの最安値とほとんど変わらないなと思ったので、久しぶりに店舗で買うことを決断。

 というわけで無事購入。今日はスマホに接続してジャズを聴いてみましたが、想像よりもというか、値段の割に音は想像以上に良いことが分かり大満足です。

2019/08/10 15:08 音楽 TB(-) CM(0)
 先日注文した傘立てが昨晩到着。今日早速組み立てましたが、15分ぐらいで完成。金属枠に8本のネジをとめていくだけなので実に楽かつ単純な構造だなと感じました。

 とりあえず古い破損した傘立ては撤去し、三連休明けに他の不用品とともに大型ごみとして集積場に搬入の予定です。

 一方、高級スピーカーを新たに購入しようかどうしようか迷っていたのですが、手持ちのCDを改めて真剣に聞いてみたら意外に音が柔らかくて聞きやすいという事が分かり、購入はひとまず延期。

 代わりにテレビから既存のアンプにオーディオ出力を接続するため、初めて光ケーブルを楽天で購入。500円ぐらいの買い物でしたが、その前に大型家電量販店に行ったら、探し方が悪いのか軒並み1500円を越していてびっくり。

 「こりゃ高いや」と思って帰宅後楽天で調べたら安かったので早速購入。それが本日到着。早速テレビの光出力部分にプラグを差し込み、もう一端をアンプに接続。

 「さてどんな感じかな?」と思ってまずテレビをオン。すると日曜の午後で、どちらかというと気軽に楽しめる番組が多かったのですが、音声はいつものテレビの音で、はっきり言ってガチャガチャとうるさいだけ。

 そこでアンプのスイッチをオン。光デジタルの入力にスイッチを切り替えたら、突然何やら劇場のような音が聞こえてきてびっくり。慌ててテレビの音声をミュートにすると、これまでの音と全く違う音が聞こえてきて再度驚愕。

 500円前後のケーブル1本でこんなに音が変わるんだとびっくりの連続です。というわけで、バラエティ番組では面白くないので、テレビをネットに接続してユーチューブで適当な音楽番組を検索。

 とりあえずフュージョンかなと思ったので、アールクルーやリーリトナーを聞いてみると、これまた実に低音の響きが良くなって感動。さらにクラシックはどうかなと聞いてみると、さらに楽器の音がより鮮明に聞こえ「なるほどなあ」と思いました。

 光デジタルケーブルの効果ありですね。



2018/12/23 16:51 音楽 TB(-) CM(0)
 4月から完全年金生活に入り、毎日が休みと言う生活を楽しんでいます。シニアが退職後に心配するのは、家計、健康、生きがいの三つが突出して多いそうです。

 我が家は家計については今のところなんとか持ちこたえています。私の健康は高血圧等の持病を抱えていますが、まあ今のところ日常生活に支障はありません。

 最後の生きがいについては、今後コミュニケーション不足が問題になりそうですが、それ以外では旅行を楽しみ、自宅ではフルートの練習を楽しんでいます。

 そんな中、多少フルートの音が改善されてきたので、先日新たに「ヤマハミュージック」という会社から出版されている「オペラ名曲選」という楽譜を定価2400円で購入。

 この手の楽譜は、販売部数が多くないので価格もやたら高いです。したがって買う前にかなり熟考が必要です。今回は楽譜をパラパラとめくって、知っている曲が半分以上あり、歌曲なら演奏もしやすいだろうと思って購入。

 帰宅して吹いてみると、オペラの曲ですからじっくりと歌い上げるフレーズが多く、ピアノ伴奏もまあまあで、吹いていて結構楽しいです。

 昨晩は曲想を得るためにユーチューブで原曲を聞いてみましたが、ソプラノの高音部は背筋が震えました。フルートでは、あの演奏は無理だろうなと思いましたが、曲を聞いたらますますやる気が出てきました。フルート初級者から中級者ぐらいまでが楽しめるのではないかと思われます。


2016/04/30 09:53 音楽 TB(-) CM(0)
 昨日は天気も良く、思い切って新宿へ。我が家から電車を乗り継いで1時間半ぐらい。車賃が片道800円ぐらい必要で、往復1600円。高いなあと思いつつ、向かったのが西新宿になる「フラマツフルート」という店。

 最近フルートの練習に力が入っていて、なんか新しい楽譜がないかなと思って探すのが第一目的。2つ目が、展示されているフルートを試奏させてもらうこと。

 店内に入り、試奏用のフルートを眺めていたら、カウンターの中から若い女性店員さんが出てきて、「どうぞ自由に吹いてみてください」と言うので、ちょうど小部屋が開いていることもあり、60数万円と言う高額のフルートを吹いてみました。

 吹くといっても半音階を一つずつ試しに吹いてみただけですが、今持っている20年以上前に30万円前後したフルートに比べると、ともかく音が出やすいのでびっくり。

 この20数年間で楽器の基本的な構造は変わらないものの、電気製品と同じで、様々な部分に改良が加えられているんだろうなと感じました。

 簡単に思うような音が出たので、調子に乗ってもう1本。今度は100万以上するフルートを吹かせてもらいましたが、こちらは逆に音が出ない。というより音が出にくい。

 プロも使うようなフルートだそうで、大きな音で鳴らすことが出来る分、私のような初級者に毛の生えたような奏者では楽器を鳴らすことが難しいんだと、逆にびっくり。高けりゃいいんだと言うものでもなさそうです。

 というわけで現状の私の実力であっているのは60万前後のフルートと言うことになりそうで、それ以上は宝の持ち腐れということです。

 試奏後、今度は楽譜の物色。フルートの楽譜と言うのは、一部の有名な教則本以外何万部も売れると言うことはないはずなので、その分低下も高くなっています。

 それでも今練習している曲の伴奏CDがついた曲集があったので、これを購入。題名が「Flute20 Best Selection」の第2巻。しかし定価はなんと3200円。CD付きとはいえ高いです。

 昨日少し吹いてみましたが、結構使いやすそう。唯一気になったのが演奏のピッチ。ちょっと高いように感じられました。


2015/11/20 14:08 音楽 TB(-) CM(0)
プロフィール

hokubuy

Author:hokubuy
 こんにちは、体調不良で57歳に早期退職し、その後家計の心配をしながら2020年現在66歳で年金生活を送っています。

 このブログは、早期退職から現在の年金生活に至る間の節約生活で、どんなものを購入してきたかをまとめているものです。

QRコード
QR
アクセスカウンター