FC2ブログ
全記事表示リンク
検索フォーム
フリーエリア
最新コメント
プロフィール

hokubuy

Author:hokubuy
 こんにちは、体調不良で57歳に早期退職し、その後家計の心配をしながら現在62歳で一部の年金とパートの収入で生活しています。

 このブログは、早期退職から年金生活に至る間の節約生活で、どんなものが必要だったかをまとめているブログです。

 参考になることがありましたら幸いです。

 このところ暇があると格安スマホをいじっていて、だいぶ使い方も分かってきました。そんな中、スマホ関係のガイドブックには、新たにマイクロSDカードを加えてメモリーを増やすみたいな記事が多数。

 パソコンでもそうですが、もともとのOSが使っていた領域に、ダウンロードした様々なソフトや、自分で撮影した画像、ダウンロードした音楽や映像ファイルを記憶させていくと、結局作業領域が狭くなり、パソコン自体の動作も遅くなります。

 そこで私はいつも使っているデスクトップパソコンには外付けハードディスクをつなげて、様々な個人的ファイルはすべてそちらに保存。

 これによってPCを買い替えた時も、ハードディスクからのUSBケーブルを新しいパソコンに接続するだけで稼働状態になりますから実に便利。

 というわけで、似たような発想で、スマホの場合はももう一枚SDカードを加えることによって、こちらに自分のファイルをダウンロードすればいいんだろうと判断。

 試しに息子に聞いてみると、息子はすでに大容量のマイクロSDカードを導入済みだとのことです。ただ息子の場合は音楽ファイルが多数あるようで、私の場合はそれほど大きな容量は必要ありません。

 これまでもデジカメで8GBのスマートメディアを使ってきましたが、画像ファイルぐらいならこれで十分です。というところまで確認して、試しに購入したシャープのスマホの側面部分を開けてみると、確かに1枚分のスロットが空いていました。

 というわけで、8GBなら800円ぐらいだろうと思い、今日は近所のケーズデンキへ。ここで店頭のかごの中に山のように積まれている8GBのマイクロSDカードを購入。

 予想通り800円ぐらいでした。他にも16GBや32GBもあって、こんな小さなチップによくもまあそんなにたくさんの容量があるもんだと感動しながら購入です。

 思い起こせば、私が就職した40年ぐらい前がパソコン黎明期。今の若い人は知らないと思いますが、当時はカセッテテープにファイルを保存。

 やがて5インチのペラペラのフロッピーディスクが普及し、記憶容量が1MBぐらいに増加。すごいなあと思いながら使っていましたが、やがて5インチが普及し、そのころになるとハードディスクも販売されるようになり、20MBのハードディスクに感動。

 しかし毎年毎年容量が増加。いつの間にか1000倍の1GBなるハードディスクや、最近ではさらにその1000倍の1TBといったハードディスクがテレビの録画用に普通に購入できるようになりました。

 まあすさまじいまでの容量増加と小型化の歴史を感じます。というわけで、この後は空きスロットにこれを挿入してどんな感じになるのか、確認です。
 
2019/03/14 16:09 コンピューター関連 TB(-) CM(0)
  格安スマホに変えて最初に困ったのがパスワードの設定。どんなパスワードが良いのかと言うことは問題なし。パソコン関係で様々なパスワードを設定していますので、それらを参考に決めました。

 ちなみに最近はサイトごとに違ったパスワードを利用した方が良いと言うことが分かっているので、特に金銭の絡む銀行や証券会社のパスワードは設定にかなり神経を使っています。

 というわけで、「よしこれだ」と思って入力しようとしたら、何やらあいうえお順のキーが表示され、そこに指をのせスライドすることによって数字が入力できるようです。

 そのことが分かるまで数分キーボードを睨んでいました。今の若い人はこんなことは当たり前で、「馬鹿じゃん」と言われてしまうかもしれませんが、最初は誰でも戸惑うはず。
 
 息子に聞いたら、パソコン用のキーボードの形にも出来るよということで、ものの数秒でキーボード画面が出てきました。へえ~とおもったものの、どうやったのかは不明。一応ペラペラと息子が説明してくれましたが、早すぎて追いつきません。

 息子が小さかったころ、私が息子にパソコンのイロハを教えたような気もするのですが、スマホになると、すでに私が教えてもらう立場になっていることが判明。

 こうやって世代交代が進むんだなといささかがっくりですが、まあしょうがない。さらに息子は「電池の消耗がもったいない」といくつかのソフトの動作を停止。
 
 これもどうやったのか、何が停止になったのかさっぱり不明。ただ幸いなことにキー入力の方法が分かってからは、ネットに接続し、目的のページを検索できるようになりました。
 
 また自宅の無線LANへの接続も完了。心置きなくスマホをいじれる環境が整いました。まあしばらくは悪戦苦闘が続きそうですが、頭の体操にはなりそうです。

2019/03/07 16:53 コンピューター関連 TB(-) CM(0)
 10年間使い続けたガラケーから、昨日格安スマホに変更しました。スマホの知識はほとんどない状態で、変更しようかなと思ってから、実際の手続きまで数か月かかりました。

 もともとガラケーの使用頻度も、息子との連絡ぐらいで、ネットの接続はパソコンで行っていましたから、月額料金の高額なスマホは必要ないと思っていました。

 しかし最近は「格安スマホ」という語句もよく耳にするようになりましたので、時々他の用で家電量販店に行ったついでに、スマホの販売コーナーで話を聞いたりしていました。

 とはいうものの、いくら話を聞いても、係の説明は基礎知識が不足しているシニアには理解不能。唯一、楽天モバイルのスマホは月額使用料と本体料金が別建ての料金設定になっていると言うことを聞き、それなら分かりやすいなという印象を持ちました。

 さらに基本料金は通常2980円ですが、各種割引を使うと数年間は1480円になると言うことで、それなら今使っているガラケー使用料よりも安いことが分かり、「じゃあ楽天にするか」と決断。

 次が機種の選定。カタログを貰って熟読するも、やはり各種用語の理解が大変。それでも何回も何回も見直して、分からない語句はネットで検索。と行ったことを繰り返しているうちに、徐々に理解が進んでいきました。

 一方楽天は機種購入に対しても各種キャンペーンがあり、安い機種だと1万円しないことも分かりました。「へえ~、安いんだ」と思って、今度はパンフレットに書かれている細かい機能を見て気が付いたことは、安い機種の共通項。

・ OSやブルートゥースのバージョンが古い

・ メモリ/ストレージの容量が小さい

・ ディスプレイの解像度が小さい

・ wifi規格の範囲が狭い

というようなことで、これらの内容と機種のメーカー、値段を見て行くとだいたいの傾向が判明。またHUAWEIの機種も多数販売されていますが、これはアメリカとの関係で安くなっているのかなと判断。

 さてそんなわけで、昨日の数値とキャンペーンの値段、さらにkakaku.comで人気具合やレビュー評価を読んで、最終的に選んだのがシャープのSH-M08という機種で、価格が税込み16200円ぐらい。

 これでようやくシニアのスマホデビューとなりました。  


2019/03/04 10:46 コンピューター関連 TB(-) CM(0)
  今の時期は確定申告の時期ですね。この時のために1年間貯めこん領収書の類を整理して、先日ネットで書類の作成を終了。面倒だなと思っていますが、それによって税金の還付が1~数万あるので、やらなければいけないと思っています。

 そんな中、ようやく作り終えた申告書類を印刷しようとしたら紙がない!というわけで、急遽ネットで白い紙を調べてみると、販売価格は実勢価格とそれほど変わりませんが、重いせいか送料が高い。

 というわけで、じゃあ一般店舗の価格はどうかと思い、家の近くの「カインズホーム」に行ってみると、上質紙(コピー用紙)の価格はネットの料金とそれほど変わりませんでした。しかし白色度がちょっと劣る紙は少し安くなっていて500枚が300円弱だったのでこれを購入。

 帰宅して「よし印刷するぞ」と印刷を始めたら、今度はなんとプリンターのインク切れサインが点滅。とりあえず申告書類の作成は終了しましたが、他の印刷物もあるので、今度はネットで急遽インクを購入。

 純正のインクは高いので、リサイクル製品を最近は良く買っています。また買う場合はセットのもので、送料が無料のもの。というわけで選んだのが以下の製品。
 

 レビューを見て決定。ちなみに最近プリンターを安いエプソンのPX045Aという機種に変更しましたので、インクの購入もこの会社は初めてです。

 リサイクルインクを使ってみての感想ですが、時々目詰まりがあったりして、まだインクが残っているのインク切れの表示が出ることがあります。そういったリスクがあると分かっていて安くなっているんだと私は解釈しています。

 ちなみにまだ残っているのにインク切れ表示が出た場合、インクカートリッジを外して、軽く振ってあげると復活することも多いです。

2018/03/05 11:56 コンピューター関連 TB(-) CM(0)
  先日我が家の近くに大型家電量販店がオープンしたので、暇を見て店内を見て回ってきました。当初すでに40年以上使っているオーディオ用のスピーカーを一新しようと思っていたのですが、値段を見るとやはり高い。

 現在のスピーカーが使えないわけではないので、散々悩んで購入は断念。続いてパソコンコーナーを見ていたら、無線LAN関係のルーターがひと頃に比べてとてつもなく安くなっていることを発見。

 私が今使っているものを調べてみたら、なんと10年ぐらい前に発売されたもので、速さの規格が最大54Mbbsというもので、販売されている機械の速さとは桁が違っています。

 一方値段の方は、最新の機種でも2万円ぐらいで買えることがわかり、なら無線環境を一新だと思い、新しいものを購入しようと決断。

 調べてみると、今は電波がどのくらい届くかということが3階建て家屋とかマンションの部屋の広さで表示されていて、ずいぶん分かりやすくなっていました。

 我が家は木造2階建て家屋なので、3階建てを選べばどこでも届くだろうと判断。また速さは、最新機種が1700Mbbs前後なっているのでこれを選択。

 メーカーは今使っているのがバッファローで、とりあえずこの10年ぐらい割りと快調に動いていたので、次回もバッファローにしようと決断。

 そうやって選んだのがバッファローのWHR2533DHP-CGという機種。カカクコムで値段を調べて、最安値は9700円前後であることを確認。

 同じものを家電量販店に行って値段を見てみましたが12500円という価格がついていましたので、迷わず通販を選択。楽天のエディオンで購入という運びになり、現在到着待ちです。



2018/02/02 12:23 コンピューター関連 TB(-) CM(0)
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR